目黒区自由が丘の行政書士・社会保険労務士事務所
お気軽にお電話ください 03-5729-7322 メールでのお問い合わせはこちら

【!法改正!】5月30日に全面施行!改正個人情報保護法のポイントは?

  • May 12th, 2017

平成27年9月に個人情報保護法の改正がありましたが、今年5月30日に全面施行されることになりました。
改正点は沢山ありますが、その中で注目すべき改正ポイントを3点ご紹介します。

1.1人でも個人情報を取り扱うと個人情報取扱事業者に

 これまでは、「過去6カ月において5,000以上の個人情報を取り扱う事業者」が個人情報取扱事業者と
 されておりましたが、今回の改正でこの人数の縛りがなくなり、1人分でも個人情報を扱っている事業者は
 個人情報取扱事業者とされることになりました。

2.個人情報の定義の拡大

 これまで個人情報とは「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の
 記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより
 特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)」と定義されていました。
 しかし今回、これに加え下記2つの符号が個人情報の定義に含まれることになりました。

 ① 特定の個人の身体の一部の特徴を電子計算機のために返還した符号(個人識別符号)
 ② サービス利用や書類において対象者ごとに振り分けられる符号

 ①は例えば、顔の骨格及び皮膚の色並びに目、鼻、口その他の顔の部位の位置及び形状によって定まる容貌、
 指紋又は掌紋など、②はマイナンバーや基礎年金番号などが該当します。

3.個人データの受領・提供記録の作成&保管義務

 第三者から個人データの提供を受ける場合にその記録を作成する義務が課せられることになりました。具体的
 には、提供者の氏名、 個人データの取得経緯を確認した上でその内容の記録を作成することが必要となります。
 また、その作成した記録を一定期間保存することが義務化されます。
 第三者に個人データを提供した際も、提供年月日や提供先の氏名等の記録を作成し、一定期間保存しなければ
 なりません。

今回の改正により、新たに個人情報取扱事業者に該当する企業や、就業規則や個人情報に関する規定を変更しな
ければならない企業も出てきますので、みなさん、自身の会社はどうかチェックしてみてください。

メールでのお問い合わせは24時間365日受付可能です。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
アクセス
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-22-21 ペルレ自由が丘206
東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」徒歩10分

当サイトに掲載された画像、テキスト、その他の内容に係る著作権、その他一切の権利は小林マネジメントサービスが管理または保有しています。